健康な食事・食生活

健康によい食事とはを目指して、アメリカ型食生活へと食生活変化に伴う高コレステロール、肥満や生活習慣病の予防や健康ダイエットなどの健康作りに役立つ,健康な食事、日本食生活、糖尿病食事など食事バランスガイド、食育に関して紹介します。

健康に毎日を過すには適度な運動と、栄養バランスの良い食事が重要です。
健康家族の為の安心・安全な食生活と食事バランスを考えた健康レシピなど
食事と健康について考えましょう。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

料理書籍のチエック
料理書籍も毎年様々なジャンルの本が数多く出版されています。
和食、中華、イタリアン、フレンチ、その他の西洋料理、エスニック・アジアン、カフェ、パン、デザート・スイーツ、飲み物、男の料理、料理の基礎、簡単レシピ、節約レシピ、お弁当、酒肴・おつまみ 、料理番組、専門料理、アウトドアクッキング、シェフのレシピ、人気シェフ・料理研究家別、シリーズ別、食事と健康、テーブルセッティング、シェフの伝記、などなどです。
ざっと挙げただけでも結構な数がありますね。

目的にあったジャンルを限定すると目移りしなくて良いかもしれません。
料理書籍を買う際には、一度アマゾンのレビュー等も参考にすると良いでしょう。
例えば、タイトルだけでは内容が分からないことがあります。
写真だけが良すぎて、実際にレシピどおりに作ってみても見栄えどおりにならない等、自分のイメージと実際のできにギャップができることもあると思います。

そんな際でも、本を実際に試した後の感想等先に聞ければ大変助かると思います。
実際に本屋に行って一冊一冊チェックするのも良いとは思いますが、本屋に行く前でもレビューサイトを下見をしてから行けば、全部を本屋で手に取ってみるより、時間も節約にもなると思います。
レビューサイトで下見して、目ぼしをつけ、その後、実際に本屋さんで実本を手に取って見ると、割とはずれの料理書籍を買うのを防げると思います。
何より、料理書籍を買う前に実際の感想を見ることが出来るは、大変助かります。
料理書籍を買う前には、是非レビューを一度見てみることをお奨めします。

料理書籍を見ながら料理を作ってみたけど、実際の味や見栄えが想像していたものと違う時があると思います。
料理書籍の写真の出来が良かったり、元の料理レシピが多少違っていたり、はたまた自分のやり方が悪かったりなどと。
でもそんな時にいは、プラスに自分なりのアレンジを加えて、自分のオリジナル料理としましょう!
料理書籍を見ながら自分の料理レシピを作るつもりですれば、あなたの料理生活も楽しくなることでしょうから。
JUGEMテーマ:グルメ



| 食生活アドバイザー | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

ノロウイルスに注意を
ノロウイルスによる感染性胃腸炎が多発ノロウイルス(Norovirus)は、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。 カキなどの貝類による食中毒の原因になるほか、感染したヒトの糞便や嘔吐物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染します。 
ノロウイルスによる集団感染は世界各地の学校やホテルなどで散発的に発生しています。日本ではこの冬各地で集団感染が多く発生しており、対策が急がれます。
感染性胃腸炎
感染性胃腸炎という診断名は様々な原因による症候群であり、ウイルスや細菌によるもののほか、寄生虫によるものもあります。
冬季に発生する感染性胃腸炎のほとんどがウイルスによる胃腸炎です。
 この冬の発生の原因ウイルスは、ノロウイルスです。
例年初冬から増加し始め12月頃にピークとなります。
食品から病原体が検出された場合などは食中毒となります。
学校、保育園、社会福祉施設など集団生活をする施設で発生した場合は、集団感染になることがあります。
ノロウイルスによる急性胃腸炎の主な症状は、下痢、嘔吐、腹痛や軽度の発熱がみられる場合とさまざまで、症状の程度にも個人差があります。
37〜38℃の発熱がみられることもありが、通常は2〜3日ほどで回復します。
乳幼児や高齢者、体が弱っている人などは嘔吐や下痢、発熱で脱水症状を示すこともあるので注意が必要です。
ノロウイルスはウイルスが口から入ることにより感染します。
感染経路は
●人から人への感染 
患者の便や吐物に含まれるウイルスが手、あるいは手で触れたものを介して口に入り感染します。(空気中に舞い上がったウイルスによる感染もあるとされています)
●汚染された水、食品からの感染
ウイルスに汚染された食物や水を食べたり、飲んだりして感染します。
症状が消えた後も3〜4日、長い場合は1〜2週間程も便にウイルスが排出されるので、感染予防上の注意が必要です。
予防のポイント
1カキなどの二枚貝は中心部までよく加熱してから食べること。
 食品の中心温度85度以上で1分間以上の加熱を行えば、感染性はなくなるとされてい ます。
2 生鮮食品(野菜、果物など)は十分に洗浄すること。
3 トイレの後、調理をする際、食事の前には石鹸と流水でよく手を洗いましょう。
4 手洗いの後、使用するタオル等は清潔なものを使用し共用を避けることも必要です。5 感染者の便、おう吐物には接触しない。
  接触した場合は十分な洗浄と消毒を行うようにしましょう 。
6 おう吐物や、ふん便で汚れた衣類等を片付けるときは、なるべくビニール手袋、マス  クなどを用いましょう。
7 おう吐物や、ふん便で汚れた衣類等は他の衣類とは分けて洗いましょう。
8 おう吐物などを片付けた用具、雑巾類は、塩素系漂白剤でつけ置き洗いをしましょう9 おう吐物などで汚れた床は、塩素系漂白剤を含ませた布で被い、しばらくそのまま放  置して消毒しましょう。
10 物の片づけが終わったら、よく手を洗い、うがいを励行しましょう。

ノロウイルスに関するQ&A (厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf

           健康な食生活目次へ


| 食生活アドバイザー | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |

細木数子流料理レシピ
細木数子さんの料理レシピは今や大評判を呼んでいます。
フジテレビの番組「細木数子幸せって何だっけ〜カズカズの宝話」で紹介された細木数子流オリジナル料理レシピは, 細木さんの長年の研究による料理のテクニックやちょっとした秘訣が満載です。
「お金がかかっているのよ」と細木さん自身が言ってるように多くの芸能人さんたちもお世辞抜きで美味しいと太鼓判を押しています。

料理は人を幸せにも健康にもする大切なものであることを細木数子さんは若い頃から分かっていたそうです。
お店を経営していた時に料理の腕前を磨き、それ が今日の細木数子流料理レシピになったわけですが、この料理レシピはプロの料理人が認めるほどのものなんだそうです。
テレビで細木数子流の幸せの料理レシピが全て公開されます。
その料理レシピを使って実際に料理を作るところを見ることが出来ますので、あなたが今晩その料理を作るときのイメージが沸きやすくなるでしょう。

レシピは所詮レシピですということを細木数子さんは言います。
基本は基本として学びつつ、自分の味、家族の口にあった味にさらに工夫を重ねることでより美味しい健康のためによい料理が出来上がります。
細木数子流幸せの料理レシピを何度か繰り返して活用して、より進化したあなた流料理レシピであなたとあなたの家族の幸せと健康を作ってください。


| 食生活アドバイザー | 13:42 | comments(0) | trackbacks(1) |

料理に合った鍋を選ぼう
鍋の種類にはどういうものがあるのか、どのくらい思いつきますか?
中華鍋、土鍋、鉄鍋、ホーロー鍋、しゃぶしゃぶ鍋、おでん鍋、南部鉄鍋、シチュー鍋、石鍋、湯豆腐鍋、アルミ打ち出し鍋などいくらでもきりがないほどの種類があります。
この鍋の上手な選び方はあるのでしょうか?
いろいろな鍋がありますので、用途別に選ぶことが大事になってきます。
例えばステンレス鍋でいえば、ステンレスは熱伝道率はよくないのですが、錆びませんので手入れが楽で長持ちしますね。
スペインの料理では、パエリアが有名ですね。
そんなパエリアを作るときにも使いますが、スペインの鍋は熱伝導率がよく、ブジャダスというメーカーが有名です。
このブジャダスの寸銅鍋は、料理のプロにも使われている優れものです。
さて、最近では火やガスを使わない安全な調理器という理由で高齢者、マンションなどで、電磁調理器が急速に普及しています。
電磁調理器には対応の鍋が必要です。
電磁調理器対応の鍋はたくさん種類がでていますのでいろいろ見ながら探すのも楽しいです。
いかがですか?鍋にもいろいろ種類も特徴もありますね。
料理に最も適した鍋を使って、たのしくおいしく栄養のある料理を作りませんか。


| 食生活アドバイザー | 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) |


+ CATEGORIES

+ SELECTED ENTRIES


  • サイトポリシー

  • + ランキング
    + PROFILE


    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + ARCHIVES
    + SPONSORED LINKS
    + MOBILE
    qrcode
    このページの先頭へ