健康な食事・食生活

健康によい食事とはを目指して、アメリカ型食生活へと食生活変化に伴う高コレステロール、肥満や生活習慣病の予防や健康ダイエットなどの健康作りに役立つ,健康な食事、日本食生活、糖尿病食事など食事バランスガイド、食育に関して紹介します。

健康に毎日を過すには適度な運動と、栄養バランスの良い食事が重要です。
健康家族の為の安心・安全な食生活と食事バランスを考えた健康レシピなど
食事と健康について考えましょう。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

妊娠中の欠かせない食べもの
ninnpu 妊婦さんの食事は、これから生まれてくる赤ちゃんに栄養を与えるという仕事がありますから、栄養バランスを考えた健康的な食生活をするのは大切なことです。

妊娠中に欠かせない食べものは、大きく分けて3種類あります。

ゝ軻・乳製品・卵
必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質なたんぱく質は欠かせないですね。
特に牛乳や乳製品はカルシウム、ビタミンA・B1・B2など、妊婦に不足しがちな栄養素を豊富に含んでいます。
牛乳が苦手な人は、シチューやカレーなどの料理にまぜたり、かわりにヨーグルトやチーズを食べるなどの工夫をするとよいですよ。

肉・魚・大豆製品
肉や魚は良質なたんぱく質のほかビタミンA・B1・B2、鉄、カルシウムなどの栄養素も含んでいます。
選ぶときは、たんぱく質が多くて脂肪の少ないモモ、ヒレ、肩などの赤身の肉や、脂肪の少ない魚にするとよいでしょう。
また鉄分が豊富なレバーは、最低でも、一週間に1回は食べるようにするとよいです。
肉や魚がダメな人は、豆腐、納豆、みそなどの大豆製品を積極的にとる事が大事です。
大豆は「畑の肉」ともいわれ、食物繊維も豊富ですからね。

L邵據Δだもの
ビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源はなんといっても野菜や果物ですね。
特にビタミンが豊宮なほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜は1日200gを目安にとりたいものです。
ごぼうやタケノコといった繊維質のかたい野菜は、消化がわるいので、少量ずつとるようにするとよいです。

反対に控えたい食べ物もあります。

.▲ぅ好リームやチョコレート、スナック菓子などの糖分の多い食べ物。
漬物や干もの、つくだ煮などの塩分の多い食べ物。
わさびやからしなどの香辛料の強いもの。
ての脂身、歩いぇとチップスなどの脂肪の多い食べ物。
その他に、コーヒーや濃いお茶、炭酸飲料水なども取りすぎには注意したいですね。

お腹の赤ちゃんのためにも栄養バランスを考えて食事はいつも以上に注意をしましょう。



JUGEMテーマ:健康



| 妊婦 食事 | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) |

妊娠中の食事の留意点
妊娠したら食生活に注意をしましょう。
妊娠中に栄養を取りすぎて太りすぎると内臓への負担が大きくなり、妊娠中毒症になる可能性が高まります。
太りすぎないためのカロリ計算と共にバランスよく栄養を摂取するよう工夫も必要です。
過度の肥満は胎盤の機能が低下して赤ちゃんの発育が悪くなったり、重症化すると母子の生命にかかわることもありますので要注意です。
また、産道に必要以上の脂肪がついてしまい、陣痛が弱まったり、赤ちゃんがスムーズに下りられなくて、難産になる心配が出てきます。

お母さんの栄養が赤ちゃんの栄養となりますから栄養のバランスにも注意したいですね。
お母さんに好き嫌いがあると赤ちゃんに行き渡らない栄養がでてしまいます。
妊娠中は特に、沢山の食品をバランスよく摂ることが大切です。
バランス良く栄養をとるには 栄養の偏りを防ぐために1日30品目以上の食材をとるよう心がけると良いでしょう。
また、和・洋・中とメニューに変化をつけたり主菜の材料を変えるだけでも栄養バランスの良い食事となるでしょう。

また、妊娠中は貧血しやすいので鉄分多く含む食品をとりましょう。
鉄分の吸収を助ける、良質のたんぱく質(肉魚卵大豆製品など)や、ビタミンC(野菜、果物など)を、一緒に食べましょう。
造血作用のある葉酸(レバー、卵黄、納豆、ほうれん草など)や、ビタミンB12(レバー、魚介類、貝類、卵黄、チーズなど)を、一緒に食べましょう。
カルシウムも充分にとりましょう 。
カルシウムは日本人が不足しがちな栄養素です。
カルシウムはたんぱく質、乳糖、ビタミンDを一緒にとると吸収が良くなります。
いろんな食材を使うことで、これらの栄養素もカバーできます。

妊娠中は体調がすぐれない、忙しいなど調理がおっくうになるときに加工食品やお総菜を上手に利用したり、気分転換でたまには外食するのもよいでしょう。
ただ、いつもそればかりにならないよう、新鮮な魚や野菜などで楽しみながら手作りの料理も心がけましょうね。
手作りの料理はお母さんの愛情たっぷりでおいしく、お腹の赤ちゃんにとってもやさしい味です。
妊娠したら、自分一人の体ではないことを自覚して、一層食事の内容に気を配るようにして体調管理をしっかりした出産に備えましょう。

健康な食生活ニュース         神戸新聞12/25
        健康成分たっぷり 「たまねぎ皮茶」開発
 タマネギ出荷時に大量に処分していた表皮を再利用した、健康成分たっぷりのアイデア商品。島内の土産物店約三十店舗で、販売が始まったばかりだ。
タマネギは、紫外線の吸収や抗菌など皮膚を保護する作用があるとされるケルセチンを作り出して表皮に蓄える。

JUGEMテーマ:健康



| 妊婦 食事 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

妊娠中の食事での注意点
妊娠中の食事のポイント
妊婦の食事には注意をしましょう。
妊娠中に欠かせない食べものは、大きく分けて3種類あります。

妊婦食事として必用なもの
ゝ軻・乳製品・卵
必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質なたんぱく質は欠かせないですね。
特に牛乳や乳製品はカルシウム、ビタミンA・B1・B2など、妊婦に不足しがちな栄養素を豊富に含んでいます。
牛乳が苦手な人は、シチューやカレーなどの料理にまぜたり、かわりにヨーグルトやチーズを食べるなどの工夫をするとよいですよ。

肉・魚・大豆製品
肉や魚は良質なたんぱく質のほかビタミンA・B1・B2、鉄、カルシウムなどの栄養素も含んでいます。
選ぶときは、たんぱく質が多くて脂肪の少ないモモ、ヒレ、肩などの赤身の肉や、脂肪の少ない魚にするとよいでしょう。
また鉄分が豊富なレバーは、最低でも、一週間に1回は食べるようにするとよいです。
肉や魚がダメな人は、豆腐、納豆、みそなどの大豆製品を積極的にとる事が大事です。
大豆は「畑の肉」ともいわれ、食物繊維も豊富ですからね。

L邵據Δだもの
ビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源はなんといっても野菜や果物ですね。
特にビタミンが豊宮なほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜は1日200gを目安にとりたいものです。
ごぼうやタケノコといった繊維質のかたい野菜は、消化がわるいので、少量ずつとるようにするとよいです。
これらの3種類を上手に活用した妊婦の食事レシピを活用しましょう。

反対に控えたい食べ物もあります。
.▲ぅ好リームやチョコレート、スナック菓子などの糖分の多い食べ物。
漬物や干もの、つくだ煮などの塩分の多い食べ物。
わさびやからしなどの香辛料の強いもの。
ての脂身、歩いぇとチップスなどの脂肪の多い食べ物。
その他に、コーヒーや濃いお茶、炭酸飲料水なども取りすぎには注意したいですね。

お腹の赤ちゃんのためにも妊娠中の食事にはいつも以上に注意をしましょう。


| 妊婦 食事 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(1) |


+ CATEGORIES

+ SELECTED ENTRIES


  • サイトポリシー

  • + ランキング
    + PROFILE


    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + ARCHIVES
    + SPONSORED LINKS
    + MOBILE
    qrcode
    このページの先頭へ