健康な食事・食生活

健康によい食事とはを目指して、アメリカ型食生活へと食生活変化に伴う高コレステロール、肥満や生活習慣病の予防や健康ダイエットなどの健康作りに役立つ,健康な食事、日本食生活、糖尿病食事など食事バランスガイド、食育に関して紹介します。

健康に毎日を過すには適度な運動と、栄養バランスの良い食事が重要です。
健康家族の為の安心・安全な食生活と食事バランスを考えた健康レシピなど
食事と健康について考えましょう。
<< NHKの「きょうの料理]が新サービス | main | 野菜の保存 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - |

鶯ボールって?
鶯ボールって聞いたことがありますか?
鶯ボール(うぐいすぼーる)という神戸生まれのコロコロと小さく可愛らしいあられ菓子で、東京のOLに密かに人気が広がり徐々に関東でも人気が出てきているそうです。
鶯ボールとは、言ってみれば、かりんとうのような、あられのような、さくさくとして、甘辛い、素朴なお菓子です。
ただ、中身の白い部分はもち米なので、さくさくっとあられのような食感なのですが、外側の、茶色の部分は小麦粉なので、カリッとかりんとうのようなのです。
そんなに硬いと言うこともなく、砂糖と塩で味付けした甘辛風味で、いくつでも食べられる鶯ボールは、そんなお菓子です。
また、保存料や着色料使用していないので、小さなお子様などにも安心して与えることが出来ますね。
程よい甘辛い味は、牛乳との相性もいいですよ。

さて、この鶯ボールの製造元は、神戸市兵庫区にある植垣米菓です。
植垣米菓は、明治40年創業の老舗でして、鴬ボール(148g入り)は今でも大人気のロングラン商品なのだそうです。
この鶯ボールには、鶯ボールミニという商品もあって、これは鴬ボールよりも小粒で、お子さんには、この方が食べやすいかもしれませんね。
では、この鶯ボール、鶯色でもなく、鶯餡が入っているわけでもないのに、なぜ鴬ボールという名前なのでしょうか?
植垣米菓によりますと、鶯ボールの形が、ちょうど梅のつぼみに似ていて「梅に鴬(うぐいす)」の発想で命名された、ということです。
昭和45年ごろには、西日本でホーホケキョと鶯が鳴くテレビコマーシャルをオンエアしていたそうです。

関西以外ではあまり知られてない鶯ボールですが、1930年に植垣米菓で誕生した鴬ボールは、西日本で大人気ヒット商品になりました。
現在では、口コミで広がって通販で買えることもあり、鶯ボールは全国で手に入れることが出来るようになりました。

 植垣米菓
 http://www.uegaki-beika.co.jp/frame10.html

鶯ボールを紹介するブログも数多く、鶯ボールは今後もさらに広がりを見せるかもしれませんね。
人気が出てくると一般のスーパーでも扱うようになるでしょうね。


JUGEMテーマ:グルメ



| 食に関するニュース | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト


| - | 10:37 | - | - |









http://kennkousyokuj.jugem.jp/trackback/133


+ CATEGORIES

+ SELECTED ENTRIES


  • サイトポリシー

  • + ランキング
    + PROFILE


    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + ARCHIVES
    + SPONSORED LINKS
    + MOBILE
    qrcode
    このページの先頭へ